ドッグフードヒューマングレード:愛犬に安心&健康を

query_builder 2024/03/22 ドッグフード 安心
ドッグフードヒューマングレードとは何か、どのように選ぶべきか、などについて詳しく解説します。良質な食事はペットの健康に直結します。これを読むことであなたの大切な家族メンバーであるペットにもっと良い生活を提供するヒントとなります。
元就工房
ロゴ
栄養価の高い鹿肉を活用した無添加のドッグフードを製造し、通販にて全国の飼い主様の元へお届けします。アレルギーの発生も抑える鹿肉は、食欲減退や体重管理に悩むワンちゃん、ネコちゃんにおすすめの食事です。
元就工房
住所:

〒739-1807

広島県安芸高田市高宮町羽佐竹1640

電話番号:
050-8885-2930

ドッグフードヒューマングレードとは

まず、ドッグフードヒューマングレードとは何か、その特徴と意義についてご紹介します。

ヒューマングレードフードの定義

ヒューマングレードフードの定義についてご紹介します。

ヒューマングレードとは、人間が食べるための食材基準で作られたペットフードを指す言葉です。

つまり、愛犬に与えるドッグフードがヒューマングレードであるということは、人間が食べても安心して食べられる品質であることを意味します。

ヒューマングレードのペットフードは、安全性と栄養価が保証されています。安全性は、衛生面や品質管理の徹底によって実現されます。


さらに、栄養価も人間の健康を考慮してバランス良く配合されています。


愛犬にヒューマングレードのドッグフードを与えることで、安心して食事を提供し、健康的な成長と生活をサポートすることができるのです。


ヒューマングレードフードは、ペットの健康を第一に考える飼い主にとって、選ぶべき優れた選択肢と言えるでしょう。

ヒューマングレードフードの意義

続いて、ヒューマングレードフードの意義についてお伝えします。


ヒューマングレードのペットフードは、愛犬に安心して与えられるという点が最も重要です。

なぜなら、これらのフードは安全性が保証されているため、愛犬が健康に成長するために必要な栄養素を十分に摂取することができるからです。


また、ヒューマングレードのペットフードは、人間の食材基準に基づいて製造されているため、添加物や人工的な成分を極力排除しています。

そのため、愛犬がアレルギー反応を起こすリスクが低くなります。


さらに、ヒューマングレードフードは、食品安全基準に基づいて製造されるため、品質管理がしっかりとされています。製造工程での衛生管理や原材料の選定にも注意が払われているため、衛生面での問題が起こりにくくなっています。


愛犬がヒューマングレードのドッグフードを食べることで、健康な体調を維持し、免疫力を高めることができます。


また、愛犬の皮膚や被毛の状態も改善されることがあります。ヒューマングレードフードは、愛犬が長寿で健康的な生活を送るための重要な要素です。正しい食事を与えることで、愛犬の寿命を延ばし、より幸せな時間を共有することができるのです。


ヒューマングレードフードの意義を理解し、愛犬に最適な食事を提供しましょう。

選び方のポイント

さて、どのようにヒューマングレードのドッグフードを選べば良いのでしょうか。選び方のポイントをご紹介します。

原材料の安全性

次に、2-1原材料の安全性について詳しく解説します。ペットフードの安全性は原材料から確保されることが非常に重要です。原材料の選定によって、愛犬の健康と安全を守ることができるのです。

まずは、ペットフードに使用される原材料の信頼性に注目しましょう。信頼できる原材料は、品質管理の徹底された国内産のものを選ぶことがおすすめです。国内産の原材料は、生産過程での衛生管理がしっかりとされており、品質の安定性が高い傾向にあります。また、産地や製造工程の情報が明確に示されていることも重要です。

さらに、原材料のリストや成分表示を確認することも大切です。優れたドッグフードは、限られた原材料を使用していることが良い指標となります。原材料のリストは、主原料が上位に表示され、人工的な添加物や防腐剤が少ないことが望ましいです。また、原材料の特定がしやすい表示方法(例えば、肉類の具体的な鶏肉や牛肉の記載)も安心の材料選びに役立ちます。

さらに、無添加のドッグフードを選ぶことも重要なポイントです。無添加のドッグフードは、合成保存料や人工的な香料、着色料などの添加物を一切使用していないため、健康面やアレルギーのリスクを抑えることができます。天然の保存料や自然の風味によって、食べ物本来の美味しさを引き出すことができるのです。

原材料の安全性は、愛犬の食事の品質と健康に大きく関わる重要な要素です。信頼できる国内産の原材料を選び、限られた原材料を使用し、無添加のドッグフードを選択することで、愛犬に安全で健康的な食事を提供することができます。愛犬のために、原材料の安全性にこだわったドッグフードを選びましょう。

無添加を選ぶ理由

続いて、2-2無添加を選ぶ理由についてお伝えします。無添加のドッグフードを選ぶことには、いくつかの重要な理由があります。

まず一つ目の理由は、犬の健康を長く保つためです。無添加のドッグフードは、合成保存料や人工的な香料、着色料などの添加物を一切使用していないため、愛犬が健康な状態を保つことができます。添加物は、アレルギーや消化不良、皮膚トラブルなどの原因となることがあります。無添加のドッグフードを選ぶことで、愛犬の健康状態を損なうリスクを減らすことができます。

次に、食品由来の問題を防ぐことができるという点があります。一部のドッグフードには、異物混入や食品安全基準に満たない材料が含まれている場合があります。これらの材料は、愛犬に健康被害を与える可能性があります。しかし、無添加のドッグフードは、安全性が厳しく管理された原材料のみを使用しているため、安心して与え続けることができます。

さらに、無添加のドッグフードは、食材の品質にこだわっているため、愛犬が美味しいと感じる食事を提供することができます。天然の風味や自然の栄養素が凝縮されたドッグフードは、愛犬の食欲を刺激し、食事を楽しみながら栄養を摂取することができるのです。

無添加のドッグフードを選ぶことは、愛犬の健康と幸せな生活をサポートするために重要です。合成添加物や人工的な成分を避け、安全な原材料と自然の風味を大切にした食事は、愛犬にとって最適な選択です。無添加のドッグフードを選ぶことで、愛犬の健康と幸福を守りましょう。

愛犬に合ったドッグフード選び

ドッグフードは愛犬一匹一匹に合ったものを選びましょう。そのためのポイントを解説します。

犬種・サイズ別の選び方

次に、3-1犬種・サイズ別の選び方について解説します。愛犬に合ったドッグフードを選ぶためには、犬の種類やサイズに応じて適切な栄養を提供することが重要です。

まずは犬種別の選び方です。異なる犬種には、それぞれに適した栄養バランスが必要です。例えば、大型犬は筋力をサポートするためにたんぱく質が多く必要ですが、小型犬はエネルギーの消費が早いため、高カロリーのフードが必要です。犬種ごとに必要な栄養素のバランスを考慮して、適切なドッグフードを選びましょう。

また、犬のサイズによっても栄養のニーズが異なります。大型犬は成長期に関節の強化や骨の発育をサポートする栄養が必要ですが、シニア犬は関節の健康維持や体力維持に役立つ成分が必要です。成犬や仔犬の場合も、それぞれの成長段階や活動レベルに応じた栄養バランスを考慮しましょう。

ドッグフードのパッケージや製造元の情報を見ることで、犬種・サイズ別の選び方をサポートするガイドラインを得ることができます。また、獣医師や犬のトレーナーに相談することもおすすめです。専門家のアドバイスを受けることで、愛犬に合った最適なドッグフードを選ぶことができます。

犬の種類やサイズに合わせた栄養バランスを考慮しながら、愛犬に最適なドッグフードを選ぶことが大切です。適切な栄養摂取は愛犬の成長や健康に直結します。犬種やサイズに応じた選び方を意識し、愛犬にぴったりの食事を提供しましょう。

年齢に合わせた選び方

続いて、3-2年齢に合わせた選び方についてお伝えします。愛犬の年齢によって、必要な栄養や食事の内容は異なります。適切なドッグフードを選ぶためには、年齢に合わせた選び方を理解しておくことが重要です。

まずは仔犬の場合です。仔犬は成長期にあり、身体や骨格が急速に発達しています。この時期には、たんぱく質やカルシウムなどの栄養素が十分に摂取される必要があります。成長をサポートするために、仔犬用のドッグフードを選びましょう。仔犬用のドッグフードには、骨や筋肉の成長を促す栄養素がバランスよく含まれています。

成犬の場合は、成長期と比べて栄養素のバランスが異なることに注意が必要です。成犬用のドッグフードは、適切なたんぱく質や脂肪、炭水化物の含有量を含むバランスの良い栄養素を提供します。また、活動量や体重維持のために適切なカロリーも考慮されています。

シニア犬の場合は、年齢による代謝の低下や関節の健康維持が必要です。シニア犬用のドッグフードは、消化吸収の良いたんぱく質や関節サポート成分が配合されています。老化による体力低下や免疫力の低下をサポートする栄養素も含まれています。シニア犬用のドッグフードを選ぶことで、愛犬の健康な老後をサポートすることができます。

愛犬の年齢に合わせて適切なドッグフードを選ぶことは、健康状態や生活の質を大きく左右します。仔犬、成犬、シニア犬それぞれのライフステージに合わせた栄養素を摂取することで、愛犬の健康と幸福をサポートしましょう。適切なドッグフードを選ぶことは、愛犬への最高のケアの一環です。愛犬の年齢に応じた食事を提供し、健康を維持させましょう。

フレッシュなドッグフードとは

注目されるフレッシュなドッグフードについて詳しく解説します。

フレッシュなドッグフードの特性

次に、4-1フレッシュなドッグフードの特性について詳しく解説します。フレッシュなドッグフードは、新鮮な原材料を使用しており、保存料や人工的な添加物を一切添加していません。

まず、フレッシュなドッグフードの特徴の一つは、品質の高さです。新鮮な原材料を使用することで、栄養価が高く、食材の鮮度が保たれます。人間が食べる食材と同様に、愛犬の食事にも品質にこだわることで、健康な成長と生活をサポートすることができます。

また、フレッシュなドッグフードは、添加物を一切使用していないため、安心して食べさせることができます。保存料や人工的な香料、着色料などの添加物は、愛犬に悪影響を及ぼすことがあります。しかし、フレッシュなドッグフードは、天然の保存方法や自然の風味によって食材の新鮮さと美味しさを引き出しています。

また、フレッシュなドッグフードは、愛犬の好みに合わせてカスタマイズすることができる点も特徴の一つです。ドッグフードメーカーは、異なる味や成分を持つ複数のフレーバーオプションを提供していることがあります。これにより、愛犬の好みに合わせた食事を提供することができます。

一方で、フレッシュなドッグフードは、保存に注意が必要です。新鮮な材料を使用しているため、冷蔵庫や冷凍庫での管理が推奨されます。また、開封後は早めに食べきることが望ましいです。フレッシュなドッグフードの鮮度と品質を保つために、使用方法や保存方法についてメーカーの指示に従うことが重要です。

フレッシュなドッグフードは、新鮮な原材料の使用と添加物の非使用という特性を持っています。品質や安全性にこだわる飼い主にとって、フレッシュなドッグフードは最適な選択肢です。愛犬の健康と幸福を考えるならば、フレッシュなドッグフードを検討してみましょう。

フレッシュフードの選び方

続いて、4-2フレッシュフードの選び方についてお伝えします。フレッシュなドッグフードを選ぶ際には、いくつかのポイントに注意することが重要です。

まずは、フレッシュフードの製造元やブランドの信頼性を確認しましょう。信頼できるメーカーは、高品質な原材料を選び、製造工程の衛生管理にも細心の注意を払っています。製造元の情報や製品の認証・証明書、レビューなどを参考にすることで、信頼性の高いフレッシュフードを見つけることができます。

次に、原材料の鮮度と品質を確認しましょう。フレッシュなドッグフードは、新鮮な原材料を使用していますが、それでも原材料の選定方法や供給源などに注意が必要です。原材料の鮮度が高ければ、栄養素や風味の保持がより良くなります。メーカーが原材料の鮮度についてどのように管理しているかを確認し、新鮮な食材を使用しているフレッシュフードを選びましょう。

また、フレッシュフードの保存方法も重要なポイントです。フレッシュなドッグフードは、添加物を使用せずに製造されているため、保存状態が適切でないと品質が劣化してしまう可能性があります。製品のパッケージに保存方法や賞味期限が記載されているので、それを参考に正しく保存することが重要です。冷蔵庫や冷凍庫での保管が推奨される場合もあるので、メーカーの指示に従うことが大切です。

最後に、愛犬の好みや特定の栄養ニーズに合わせて選びましょう。フレッシュフードには、多様なフレーバーや成分のバリエーションがあります。愛犬の好みやアレルギーに配慮し、適切なフレーバーや成分を選んであげることで、食欲を刺激し、栄養をバランスよく摂取させることができます。

フレッシュなドッグフードを選ぶ際には、製造元の信頼性、原材料の鮮度と品質、保存方法、愛犬の好みや栄養ニーズに注意を払いましょう。これらのポイントを押さえて、愛犬に最適なフレッシュフードを選ぶことができます。愛犬の健康と幸福を考えて、フレッシュフードを選択しましょう。

ドライフード VS ウェットフード

犬の食事はドライフードだけでなく、ウェットフードも選択肢の一つです。両者の違いと、それぞれの選び方を解説します。

ドライフードの特徴と利点

次に、5-1ドライフードの特徴と利点についてお伝えします。ドライフードは、犬の食事の選択肢の一つとして幅広く利用されています。以下に、その特徴と利点をご紹介します。

まず、ドライフードの特徴の一つは、保存が容易であり長期間の保存が可能なことです。ドライフードは水分をほとんど含まず、乾燥させられた状態で提供されます。そのため、密封されたパッケージで保管すれば、鮮度を保ちながら長期間保存することができます。この特性は、一度に大量の購入が可能で、経済的です。

また、ドライフードは手軽に与えることができる利点もあります。ドライフードは食品が固形状態であるため、取り扱いや保管が簡単です。量を調節しやすく、食事の時に手間をかけずに与えることができます。また、ドライフードは舐めたり噛んだりすることで、歯の健康維持に役立つこともあります。

さらに、ドライフードは栄養バランスが取りやすいという利点もあります。ドライフードメーカーは、一定の栄養成分をバランスよく配合することに注力しており、愛犬に必要な栄養素を摂取させることができます。多くのドライフードには、たんぱく質、炭水化物、脂質、ビタミン、ミネラルなどがバランスよく含まれています。栄養バランスの取れた食事を提供することで、愛犬の健康をサポートすることができます。

また、ドライフードは経済的な点でも利点があります。ドライフードは、湿度を抑えることで長期間保存が可能であり、大量に購入することができます。一度にまとめて購入することで、コスト面での負担を軽減することができます。

ドライフードは保存や運搬の利便性、栄養バランスの取りやすさ、経済的なメリットなど、数多くの特徴と利点を持っています。ただし、水分摂取の補充や好みによっては、ウェットフードとの組み合わせや与え方の工夫なども考慮しましょう。愛犬のニーズに合わせて利点を最大限に活かし、最適な食事を提供することが重要です。

ウェットフードの特徴と利点

続いて、5-2ウェットフードの特徴と利点についてお伝えします。ウェットフードは、犬の食事の選択肢の一つとして人気があります。以下に、その特徴と利点をご紹介します。

まず、ウェットフードの特徴の一つは、水分の含有量が高いことです。ウェットフードは、缶詰やパウチなどの容器に密封された状態で提供されます。そのため、水分を多く含むことができます。愛犬が十分な水分摂取をしていない場合や、高齢犬や病気犬の場合には、ウェットフードを与えることで水分摂取をサポートすることができます。

また、ウェットフードは食べやすいという利点もあります。ドライフードと比べて、柔らかいテクスチャーや濃厚な風味が特徴です。特に高齢犬や咀嚼困難な犬にとって、食べやすい形態の食事を提供することが重要です。ウェットフードは、舐めたり噛んだりすることで満足感を得ることができます。

さらに、ウェットフードは栄養の摂取とバランスの維持に貢献します。ウェットフードメーカーは、栄養バランスの取れた食事を提供するために、必要な栄養素をバランスよく配合しています。たんぱく質や脂質、炭水化物、ビタミン、ミネラルなど、愛犬に必要な栄養素が含まれています。愛犬の健康をサポートするために、ウェットフードを適切な量で与えることが重要です。

また、ウェットフードは、食事の多様性や好みに合わせた選択肢があるという利点もあります。多くのブランドから、様々なフレーバーやレシピが提供されています。愛犬の好みに合わせて選ぶことで、食事のバリエーションを増やし、食欲を促進することができます。

ウェットフードは水分摂取のサポートや食べやすさ、栄養バランスの維持など、数多くの特徴と利点を備えています。ただし、ウェットフードは開封後の保存に注意が必要であり、ドライフードとの組み合わせや与え方の工夫なども考慮しましょう。愛犬のニーズに合わせて利点を活かし、最適な食事を提供しましょう。

ミックスフィーディングのすすめ

ドッグフードの中でも特注するミックスフィーディングについてご紹介します。

ミックスフィーディングとは

次に、6-1ミックスフィーディングとはについてお伝えします。ミックスフィーディングとは、ドライフードとウェットフードを組み合わせて愛犬に与える方法を指します。

ミックスフィーディングでは、ドライフードとウェットフードを一緒に与えることで、愛犬に様々な利点を提供することができます。この方法では、それぞれのフードの特徴や利点を組み合わせることで、栄養バランスと食事の楽しみを向上させることができます。

ドライフードの利点としては、長期保存や取り扱いの容易さ、カロリーの制御が挙げられます。一方、ウェットフードは水分摂取のサポートや食べやすさ、多様なフレーバーオプションがあります。ミックスフィーディングでは、これらの利点を組み合わせ、愛犬の好みやニーズに合わせた食事を提供することができます。

また、ミックスフィーディングは愛犬の食事の多様性を導入する方法でもあります。愛犬は同じフードを一貫して与え続けると飽きてしまうことがありますが、異なる種類のフードを組み合わせることで食事のバリエーションを増やすことができます。これにより、愛犬の食欲を刺激し、食事の楽しみを与えることができます。

ただし、ミックスフィーディングを行う際には注意が必要です。まず、それぞれのフードの栄養バランスを理解し、適切な割合で混ぜ合わせることが重要です。ドライフードとウェットフードの組み合わせ方は、愛犬の年齢や体調、好みに応じて調整する必要があります。

ミックスフィーディングは、愛犬に食事の多様性と栄養バランスを提供する方法です。ドライフードとウェットフードの利点を組み合わせることで、愛犬にバランスの良い食事と食事の楽しみを与えることができます。ただし、愛犬の健康状態や個々のニーズに合わせて適切な方法を選び、愛犬の幸せな食事時間を確保しましょう。

ミックスフィーディングのメリット

続いて、6-2ミックスフィーディングのメリットについてお伝えします。ミックスフィーディングには以下のようなメリットがあります。

まず一つ目のメリットは、栄養バランスの充実です。ドライフードは栄養バランスが取りやすいとされていますが、ウェットフードにはウェットフードならではの栄養が含まれています。これらのフードを組み合わせることで、よりバランスの取れた栄養を愛犬に提供することができます。たんぱく質、炭水化物、脂質、ビタミン、ミネラルなど、さまざまな栄養素をバランスよく摂取させることで、愛犬の健康状態をサポートすることができます。

次に、食事の楽しみや食欲の刺激につながる点もメリットとして挙げられます。ミックスフィーディングでは、異なるテクスチャーやフレーバーのフードを組み合わせることができます。愛犬は同じ味や食感のフードを飽きてしまうことがありますが、ミックスフィーディングによって食事のバリエーションを増やすことができます。これにより、食事の楽しみを与え、愛犬の食欲を促進することができます。

また、柔軟性がある点もミックスフィーディングのメリットです。愛犬の健康状態や体調によって食事を調整する必要がある場合、それぞれのフードを別々に与えることができます。特定の栄養素を増やしたい場合や、特定のフードを避けたい場合にも対応できます。愛犬の個々のニーズに合わせて、柔軟に食事を調整することができるのです。

ミックスフィーディングは、栄養バランスの充実、食事の楽しみや食欲の刺激、柔軟性のある食事調整など、さまざまなメリットがあります。ただし、愛犬の健康状態や個別のニーズを考慮し、適切な方法でミックスフィーディングを行うことが重要です。愛犬の幸せな食事時間を確保し、バランスの取れた食事を提供しましょう。

量の調整は重要

ドッグフードの適切な量の調整は、犬の健康に影響を与えます。ここではそのポイントをお伝えします。

ドッグフードの適正量とは

次に、7-1ドッグフードの適正量とはについてお伝えします。ドッグフードの適正量を把握することは、愛犬の健康状態を維持するために非常に重要です。

ドッグフードの適正量は、犬の体重や活動レベルなどによって異なります。一般的には、パッケージや製造元のガイドラインを参考にすることが推奨されています。これにより、愛犬の体重やライフステージに応じた適切な量を把握することができます。

適正量は、過剰な摂取や不足な摂取のリスクを回避するために重要です。過剰な摂取は肥満や関節の負担、糖尿病などの健康問題を引き起こす可能性があります。一方、不足な摂取は栄養不足や体力低下などの問題を引き起こす可能性があります。適切な量を把握し、愛犬が必要な栄養を適切に摂取できるようにしましょう。

ただし、ドッグフードメーカーのガイドラインは一般的な目安であり、個々の愛犬に合わせて微調整する必要があることも覚えておきましょう。愛犬の活動レベルや体調の変化、成長や年齢によるニーズの変化に注意を払いながら、適切な量を調整して与えることが大切です。

ドッグフードの適正量を把握することは、愛犬の健康を維持する上で非常に重要です。パッケージのガイドラインを参考にしながら、愛犬の特性やニーズに合わせて適切な量を把握しましょう。適正な量を守ることで、愛犬の健康状態を正しくサポートすることができます。

オーバーフィーディングを避ける

続いて、7-2オーバーフィーディングを避ける方法についてお伝えします。オーバーフィーディングは、愛犬の健康に悪影響を及ぼす可能性があるため、注意が必要です。

まず、ドッグフードの適正量を把握しましょう。前述したように、パッケージやメーカーのガイドラインを参考に、愛犬の体重や活動レベルに合わせた適切な量を探求することが重要です。過剰な摂取は肥満や健康問題のリスクを高めることから、愛犬の健康状態を考慮した適切な量を守るようにしましょう。

また、定期的な体重管理と観察を行いましょう。愛犬の体重の変化や体形の変化に敏感に気付くことが重要です。体重が増加している場合は、摂取カロリーや食事量の見直しが必要かもしれません。獣医師の定期的な健康チェックや相談も役立ちます。

さらに、オーバーフィーディングを避けるために、ドッグフード以外の要素にも注意を払いましょう。おやつや食べ残しの処理に気をつけ、必要以上に与えないようにしましょう。また、愛犬の行動や態度から食欲や満腹感を判断し、適切なタイミングで食事を与えることも重要です。

オーバーフィーディングを避けるためには、適正な量の把握、定期的な体重管理と観察、ドッグフード以外の要素への注意が必要です。愛犬の健康状態や体調への配慮を忘れずに行い、適切な食事管理を実践しましょう。適正な量の与え方は、愛犬の健康と幸福のために欠かせない要素です。

まとめ:愛犬の健康は食事から

これまでに説明してきたように、愛犬にとって最適なドッグフードの選び方を理解することは、その健康寿命に直結します。

愛犬の健康と長生きの秘訣

最後に、8-1愛犬の健康と長生きの秘訣についてお伝えします。愛犬の健康と長生きの秘訣は、バランスの取れた食事を与え、それを維持することです。適切な栄養素を摂取し、体重を管理し、適正な運動と遊びを提供することが重要です。定期的な獣医師の診察と予防接種、適切なワクチン接種も欠かせません。また、愛情とケアを惜しまず、スキンケアや歯磨きなど日常的な健康管理も大切です。これらの要素を意識して愛犬に愛情とケアを注ぎながら、長く健康的な人生を過ごせるようサポートしましょう。

あなたの選択が愛犬の未来を決める

続いて、8-2あなたの選択が愛犬の未来を決めるについてお伝えします。愛犬の健康と幸福は、飼い主の選択に大きく左右されます。適切なドッグフードを選び、適正な量を与えることで栄養を必要な範囲で摂取させることができます。健康管理や病気予防のために定期的な健康チェックや予防接種を受けることも重要です。さらに、愛犬に関心を持ち、愛情とケアを惜しまず提供することで、愛犬の幸福度を高めることができます。あなたの選択が愛犬の未来を決める最後の砦となります。愛犬の健康と幸せを守るため、責任をもって選択しましょう。愛犬はあなたの大切な家族の一員であり、その未来に直接影響を与えるのです。

元就工房
ロゴ
栄養価の高い鹿肉を活用した無添加のドッグフードを製造し、通販にて全国の飼い主様の元へお届けします。アレルギーの発生も抑える鹿肉は、食欲減退や体重管理に悩むワンちゃん、ネコちゃんにおすすめの食事です。
元就工房

〒739-1807

広島県安芸高田市高宮町羽佐竹1640